慶應義塾大学 中島隆信研究室 主催(協力:株式会社D&I)


障がい者雇用 × 働き方改革セミナー


2017年5月30日、慶應義塾大学中島隆信研究室 主催(協力 株式会社D&I)により「障がい者雇用×働き方改革セミナー」を開催します。
障がい者雇用を通じて企業での「働き方改革」をテーマに様々な立場の関係者が事例を共有し合いながら考えを深めていくことで、参加者の皆様と共に「誰もが当たり前に挑戦できる社会」に向けた課題や今後必要なアクションを見出すことができれば幸いです。
<お知らせ>本セミナーは5月30日に無事に終了いたしました。多くの皆さまのご来場誠にありがとうございました。

セミナー概要

日 時 2017年5月30日(火)
開場:15:00
開講:15:30 ~ 17:30
会 場 慶應義塾大学 三田キャンパス
南校舎411号室 アクセス

※会場はバリアフリーとなっております
※情報保障等必要がございましたらお気軽にご相談ください
対 象 定員100名
障がい者雇用に取り組む企業関係者・人事の皆様
障がい者関連施設の関係者様
障がい者雇用の分野に興味のある学生の皆様
参加費用 無 料

講演内容

講演① 「障害者の経済学」からみた日本の働き方改革
  應義塾大学商学部教授 中島 隆信
講演② 多様な企業事例から学ぶ 障がい者雇用の新たなチャレンジ
  D&I代表取締役 杉本 大祐
特別パネル
ディスカッション
障がい者雇用から始める 働き方改革とは?
  司会:中島 隆信
参加パネリスト
ソニー株式会社
人事センター ダイバーシティ開発部 統括課長 森 慎吾 氏
シラキュース大学
Burton Blatt Institute 訪問研究員 徐 みづき 氏
株式会社D&I
代表取締役 杉本 大祐

登壇者プロフィール

慶應義塾大学商学部教授 中島 隆信

1960年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。現在、慶應義塾大学商学部教授。 専門は応用経済学。著書に「こうして組織は腐敗する 日本一やさしい ガバナンス入門書」、「障がい者の経済学」など。

ソニー株式会社 人事センター ダイバーシティ開発部 統括課長 森 慎吾 氏

ソニー及びソニーグループにおいて人事、採用、障がい者雇用の推進をメインに担当。 従来の雇用率重視の雇用から、障がいのある社員が働きやすく、かつ働き甲斐が持てるような 環境作りの企画・推進に取り組んでいる。

シラキュース大学 Burton Blatt Institute 訪問研究員 徐 みづき 氏

2歳から足に障がいがあり、7歳から車いすユーザー。米国ウィスコンシン州立リバーフォールズ校にて コミュニケーション学国際学の学士号取得。2015年ダスキン愛の輪基金の障がい者育成海外派遣事業の 研修生として選ばれ、NYのシラキュース大学内Burton Blatt Instituteに所属しながら障がい者雇用の 研究を行う。現在は都内米系企業でダイバーシティチームに所属。

株式会社D&I 代表取締役 杉本 大祐

前職にて新規事業として障がい者雇用支援事業を立ち上げ、2009年8月に株式会社D&I(ディーアンドアイ)を設立、 代表取締役に就任。障がい者の人材紹介や求人サイト『BABナビ』の運営の他、障がい者雇用のあるべき形態を目指し、 教育と雇用に関する独自のコンサルティング事業を展開。

■セミナー開催の背景■

2018年4月から、障がい者の法定雇用率の算定基礎の対象に精神障がい者が追加され、 法定雇用率の2.0%からの引き上げが予測されます。障がい者雇用においては 真の戦力として人材を雇い入れる体制づくりの必要性が増していきます。 今回は本分野において精通されている関係者様方にご協力をいただき、 障がい者雇用と、「働き方改革」を絡めた特別セミナーの開催に至りました。 企業そして施設の皆様に多角的な視点から障がい者雇用のあるべき姿について 皆さんと考える機会となれば幸いです。