TOP > ニュース一覧 > MS&ADホールディングス協力 障がい者雇用セミナー&交流会を実施しました

News
おしらせ

2017年09月06日

MS&ADホールディングス協力 障がい者雇用セミナー&交流会を実施しました

株式会社D&Iお知らせ

株式会社D&Iでは、MS&ADホールディングス様協力のもと、障害者雇用戦力化セミナーを開催いたしました。本セミナーでは、MS&ADホールディングスの高木様をお招きし、出向元のあいおいニッセイ同和損害保険株式会社における障害者雇用に関する内容を中心にお話いただきました。また、障害者雇用の積極化と人材の戦力化を目的に参加企業様同士の交流の場を設けました。



■実施概要:
2017年8月29日(火)
@TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター

「障害者雇用戦力化セミナー ~それぞれの企業に合った障害者雇用を考える~」
(MS&ADホールディングス 協力)

■セミナー詳細:
【講演テーマ】
障害者が「ふつうに、楽しく、誇りを持って」働くことが出来る職場へ

【登壇者】
MS&ADホールディングス 人事・総務部 高木協一 様

障害者雇用は2014年に障害者権利条約に批准したことを受け、社会モデルの考えを踏まえた障害者に適した社会環境の整備、受け入れ企業の適切な配慮などを求めることが加速していくことが想定されます。

企業における障害者雇用のあり方が問われようとする中、髙木様出向元のあいおいニッセイ同和損害保険 株式会社様では、全国255ヵ所のハローワークに登録した応募者からの採用を主としておよそ350名の障害者を雇用(従業員数18000人、2017年4月法定雇用率2.54%)していますが、法定雇用率の引き上げ、精神障害者の雇用義務化などを踏まえ、全国の特別支援学校からの採用、精神・発達障害者に適した集中職場の創設など、積極的に障害者雇用を進めてこられました。

今年4月からはMS&ADホールディングスに出向し、単に法定雇用率の達成を目的とした雇用ではなく、障害者が均等に雇用の機会を得られる受け入れ職場・職域の整備、採用後は障害者の個々の特性および能力を活かすことのできる職場運営の促進など「MS&ADらしい障害者雇用」を確立するために新たな取組みを行っていらっしゃいます。

当日は、各事業所に対して、障害者雇用の促進に向けてどのような呼びかけをしたか、評価制度の考え方なども質疑応答でテーマに上がっていました。

■ワークショップ:
「理想の障害者雇用を考え、3.0%の雇用率を目指すには」
企業において「理想の障害者雇用」を実現しながら、結果として雇用率も上昇させていく為の取り組みを人事担当の方々同士で話し合っていただく形式で行いました。実現できるかどうかに捉われず、あくまで理想を追求してお考え頂きました。

業種によっては実現が非常に難しく課題と感じる事もあるなど、ボトルネックの解消も必要なようですが、共通して「雇用率達成のために」ではなく、「社内の戦力として雇用をしたい」という考えが多く上がっていました。

■交流会:
ご登壇された高木様、参加企業様との間で交流会を実施いたしました。
各社の課題についての情報交換や、同じ業種同士の企業様などでの意見交換により
大変盛り上がりました。

=========================

今後もD&Iでは障害者雇用を考えておられる企業様向けに、様々な情報を提供しながら
雇用促進に繋がる機会を設けて参ります。

▼障害者雇用やセミナーに関するご相談は下記にお問合せをお願いします。
info@d-and-jp(株式会社D&I問い合わせ窓口)
03-5439-9766(代表)

Copyright D&I,Inc. All Rights Reserved