TOP > ニュース一覧 > 【開催レポート】マニュライフ生命×D&I共催セミナー「障がい者の戦力化事例・新しい働き方」を開催

2019年03月22日

【開催レポート】マニュライフ生命×D&I共催セミナー「障がい者の戦力化事例・新しい働き方」を開催

※※※リリースPDFはこちら※※※


【開催レポート】
マニュライフ生命×D&I共催セミナー
「障がい者の戦力化事例・新しい働き方」を開催


 

障がい者雇用・教育事業を行うD&I(ディーアンドアイ)は、マニュライフ生命保険株式会社と共催で「障がい者の戦力化事例・新しい働き方セミナー」を開催いたしました。
当日はマニュライフ生命保険の榊原氏、小菅氏より障がい者雇用への取り組み実例について、弊社 米田からは障がい者のテレワーク型雇用についてお話いたしました。また、マニュライフ生命保険の障がい者の方が実際に行っている業務や環境の見学会も実施いたしました。


■開催概要
日時  :2019年3月5日(火) 15:00~17:00
会場  :マニュライフ生命保険株式会社 笹塚オフィス(東京都渋谷区笹塚1-47-1メルクマール京王笹塚7階)
内容  :【第1部】障がい者雇用の取り組み マニュライフ生命保険 榊原氏
【第2部】障がい者の戦力化事例   マニュライフ生命保険 小菅氏
【第3部】新たな雇用の仕組(テレワーク型雇用について) D&I 米田
【第4部】笹塚オフィスサポートセンター見学会
参加者 : 9名

■セミナー内容
マニュライフ生命保険の榊原氏より、同社の障がい者で構成する組織「オフィスサポートセンター」に関する設立から社内運営、採用等についてご説明頂きました。
「社員がコア業務に専念できる環境」を目的とし、郵便物の集配や用紙補充といった社内の簡易事務をオフィスサポートセンターに切り出し・集約したと説明しました。また、人数増加に伴い笹塚と初台(本社)の2拠点に分割設置をした際、初台オフィスでは各フロアにオフィスが分散した事もあり、物資や郵便物の運搬に感謝の声が多数届くなど活動の社内認知度が高まり、社長よりランチ会に招待されるなどなくてはならない存在になっているとお話しました。
優秀な人材の採用が難しい点や指導員の高齢化が課題だが、会社として多様なキャリアプランを用意しているため、無期雇用転換の推奨や高度なものも含まれる業務依頼にどう対応していくかを今後の課題・展望とし締めくくりました。

次に同社の小菅氏より、障がい者雇用の戦力化事例についてご説明頂きました。自らも障がい者として2017年4月にオフィスサポートセンター笹塚センター長に就任し、リーダー含む8名のメンバーと日々業務をこなしているとお話しました。
就任当初はメンバー間のコミュニケーションや勤怠に課題があり、必ずしも良い環境ではなかったが、その環境を改善するため、まずはミッションや目標を理解するようリーダーとしてメンバーを指名したと話しました。仕事の進め方や人間関係についても話し合うようにさせるといったリーダー育成や、親などに頼りがちであったメンバーに対し、社会人としての責任感を持たせるため自分の事は自分でやるよう促すなどライフと仕事の両立を奨励する事で個人の成長にも繋がっていると話しました。

最後に、D&Iの米田より、障がい者雇用の市況等を絡めながらテレワーク型雇用(在宅型雇用)ならびに自社サービス「エンカク(テレワークサービス)」について説明しました。
現状、民間企業での障がい者雇用数は13年連続で過去最高を更新している一方で、障害で仕事が制限されたり、優良な人材の採用ができないといった企業と個人のミスマッチも増加していると話しました。そこで、新たな採用枠として、重度の身体障がい者や精神障がい者といった既存の手法では採用が難しかった層をテレワークで雇用する方法を提案し、「エンカク」について紹介しました。
「エンカク」は、企業と障がい者それぞれの在宅雇用・勤務を支援するサービスで、企業に対しては在宅雇用スキームの導入に伴う業務の切り出しや人材紹介等を行い、在宅勤務の障がい者に対しては有資格者による月一回の面談やシステムによる業務管理等を行うと説明しました。

その後、センター長の小菅氏の案内のもと、マニュライフ生命保険の「オフィスサポートセンター」に参加者全員で移動し、実際に就業している障がい者の方がコーヒーマシンの点検・清掃を行っている場面も見学しました。壁一面に張られたスケジュールやTO DOリスト、チーム目標といった掲示物の説明を受け、質疑応答の場面では「雇用した障がい者をサポートする側に必要なスキルや知識は?」といった障がい者雇用を身近に感じたからこその質問が参加者から寄せられるなど、セミナーは盛況のうちに終わりました。

■登壇者紹介

■マニュライフ生命保険株式会社 人事部エンプロイーリレーションズ
マネジャー 榊原 都(さかきばら みやこ)氏

2000年マニュライフ生命人事部に入社。2013年春社内にオフィスサポートセンターを創設。
企業在籍型ジョブコーチ。
多様な人材が持ち味を活かし健やかに働ける「働きたいと誰もが思う職場づくり」に取り組む。


■マニュライフ生命保険株式会社 オフィスサポートセンター笹塚
センター長 小菅 康一(こすげ やすかず)氏

2017年1月マニュライフ生命入社。キャリアは、証券会社の海外本部で、アナリスト、海外駐在、営業を経験。その後外資系証券では、個人営業に挑戦し、さらに独立系証券会社では、経営に携わる。2016年に自らも障害者となる。今回、指導員として障害者と共に働き、第二のキャリアを奮闘中。


■株式会社D&I  HRソリューション事業部
マネージャー 米田 尚泰(よねだ なおやす)

大手人材関連企業での営業を経て、D&Iへ入社。雇用促進事業部のマネージャーとして人材紹介および、コンサルティング、カウンセリング事業等の全体を統括。今年度より「在宅就業障害者支援推進事業」を厚生労働省から受託。

=================================================
■株式会社D&Iについてhttps://di-corp.jp/
障害者雇用コンサルティング事業で2009年に創業。9事業所(2018年8月時点:港区、新宿区、大田区5ヶ所、川崎市、大阪市)で、障害者の雇用と教育事業を展開しています。
障害者求人掲載数2,000件以上で業界No.1の「BABナビ」、人材紹介「BABナビエージェント」、就職転職フェア「BABカンファレンス」、定着支援「ワクサポ」、就労移行支援事業「ワークイズ」など雇用に関する事業と、放課後等デイサービス「テラコヤキッズ」、個別指導学習塾「情熱!テラコヤ塾」など教育に関する事業を展開。
「BEYOND ALL BORDERS」の理念のもと、誰もが挑戦できる社会を目指し事業を行っています。

本社所在地 :〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-3 竹橋3-3ビル5F
代表取締役 :杉本 大祐(すぎもと だいすけ)
事業内容  :障害者雇用促進事業(コンサルティング、人材紹介、面接会、定着支援、研修、就労移行)
障害者教育事業(放課後等デイサービス、個別指導塾、ビジネススクール)

■本リリースに関する報道関係のお問い合わせ
株式会社D&I 広報担当 篠田 珠美
TEL: 03-5577-6100  MAIL:info@d-and-i.jp / tamami.shinoda@d-and-i.jp

※※※リリースPDFはこちら※※※

Copyright D&I,Inc. All Rights Reserved